歯の部位。

歯の場所を表すのには大人の歯(永久歯)で1〜8の番号、
子供の歯(乳歯)でA〜Eの記号をつかいます。
左右は、患者さんからみての左右であらわします。
つまり、治療する側から見て、右側が左。左側が右です。左右逆です。
ちょっと混乱しそうですね。そのうち私生活で他の人と左右が逆転してて
混乱するようになります。

1〜8の数え方は、歯の真ん中から見て何本目かで表します。
一番真ん中の歯は1番です。真ん中から3番目の歯は3番です。

これに左右上下をつけて、「右下3番」などと、呼びます。

これらを表す記号はちょっと表示されないので、このサイトでは仮に
3┓(右下3番)3┛(右上3番)┏3(左下3番)┗3(左上3番)
ちょっと近いこの記号をつかわせていただきます。
正確には次のように書きます。

(右下3番)(右上3番)(左下3番)(左上3番)

歯の名前

<永久歯>
1   前歯(中切歯)
2   前歯(側切歯)
3   犬歯
4   小臼歯(第一小臼歯) 
5   小臼歯(第二小臼歯)
6    
大臼歯(第一大臼歯
7   大臼歯(第二大臼歯)
8   親知らず(第三大臼歯)

<乳歯>
A    前歯(乳中切歯)
B    前歯(乳側切歯)
C    犬歯(乳犬歯)
D    乳臼歯(第一乳臼歯)
E    乳臼歯(第二乳臼歯)

(画像:国民健康保険本人のカルテより)
歯の部位の覚えかた。
慣れない頃は、真ん中の歯から数えて、いち、に、さん、よん、、、左下4番!と数えます。
しかし、先生は「数えないで形で覚えて」ってそんな殺生な!形っすか!?
そうです、先生は正しい、、歯がなかったり、矯正で抜いてたり、乳歯と永久歯が混ざってたり。
数えても分かりません。形で判断。
ポイントは、
1番2番が前歯。3番が犬歯でちょっととがってるっぽい。
4番5番がごっろっとした小さめの歯。
6番7番が大きいごろっとした歯。8番が6番7番と同じような形で大きい。

ABが前歯Cがとがった犬歯。Dがちっこいごろんとし歯。Eがでっかいごろんとした歯。
永久歯が生えてくる場所は、
A〜Eそれぞれの下から1番
〜5番Eの後ろのスペースに6才臼歯6番)その後ろに、7番8番です。
さあ、鏡を見て自分の歯を見てみましょう♪


上下の区別
レントゲンや石膏などの一部分をみて歯の上下を区別するポイント。
前歯は上の方が大きい。下の前歯は小さい。
下の歯の根っこは広がっていて、上の歯の根っこくっついている感じ。


8番(親知らず)について。
人は進化して歯の数が減ってきています。親知らずがない人もいます。
ですから、歯の数は親知らずのある人で32本。ない人で28本です。
だんだん顎も小さくなってきました。
あっても顎がのスペースが足りなくて、生えきれない人、生えてこない人もいます。

よく、親知らずは生えてきたら抜かなきゃいけないと思っている人が多いようですが、
そんなことはありません。
普通にきちんと生えそろっているのならほかの歯と何の変わりもありません。
ただ、生えきらなくて斜めや横から生えてきて、ブラッシングが行き届かなかったり、
噛み合う相手の歯が無くて、歯ぐきと噛んでいたり(噛み合う相手が居ないと歯は伸びてきます)
炎症をおこしたり、痛みがでるようなら、抜いた方がいいでしょう。




戻る